公認会計士

会社設立と公認会計士について

世の中には色々な資格が存在していますが、人によってはいくつもの資格を保有し、独占業務として営業を行う事が出来るケースも在ります。
例えば、公認会計士と言う資格は、デューデリジェンスと呼ばれている監査業務が中心となるもので、企業による作られた損益計算書、貸借対照表などを、第三者の立場から適正か否かの判断を行ったり、M&Aを行う場合には、買収先企業の価値を計ると言った業務を行う事が出来る資格で在り、会社経営におけるコンサルティング業務を行う職業です。

また、公認会計士の資格だけではなく、税金の相談を受け付けたり、税務処理を行ったり、書類の作成から税務署に対しての申請手続き、税務署に対しての不服申し立てなどを行うと言った独占業務を持つ税理士の資格を持つ人もいます。

尚、公認会計士などの資格を持つ人々と言うのは、税理士や行政書士と言った資格を持つ人々とのパートナーシップが在り、それぞれの独占業務を越えた部分については、パートナーシップを持つ人への仕事のリレーが出来るなどのメリットが在ります。

会社設立を行う時など、自分で定款を定めて定款認証を行い、会社の設立登記を行うと言ったケースも在ります。
しかし、会社設立と言うのは、会社法と言う法律に基づいて行う必要が在り、初めての人が会社設立を行うためには情報を集めたり、勉強をするなどして定款を定め、書類の作成などが必要になります。

また、会社設立登記が完了した後は、社会保険事務所や税務署などに対しての許認可や届け出などが必要で在り、一人で会社設立を行うと言ってもやる事が沢山あるため、事前に何をいつまでに行わなければならないのかを確認しておくのがお勧めです。

尚、会社設立代行と言うのは、これから会社を立ち上げようとする人々のサポートを手がけくれる会社で、行政書士や税理士、公認会計士と言った資格を持つ人々により会社の設立代行を可能にしています。

尚、税理士や公認会計士と言った資格を持つ人と言うのは、設立を行った会社のコンサルティング業務も可能にしており、設立登記だけではなく会社経営などにおいても役立つ存在になってくれると言った特徴が在ります。

所有する資格に応じて独占業務が存在しているため、この部分は税理士にと言った形になりますが、複数の資格を持つ場合などでは一人で全ての業務を行う事が出来るなどのメリットも在りますし、設立代行を手掛ける会社と言うのは、色々な資格を持つ人々とのパートナーシップが在るため、全てを一任出来るケースも多いのです。

最新記事

  • 会社設立にかかる期間と費用 会社設立では、その設立に関する書類を提出することで審査が始まり、その結果を受けて認 …

    期間と費用